ファイナンシャルプランナーの難易度〜鍵は正しい勉強法

ファイナンシャルプランナーの難易度はどのくらい?

国家資格であるファイナンシャルプランナー(資格名「ファイナンシャル・プランニング技能士」)には1級、2級、3級の等級があり、それぞれ難易度に違いがあります。

また、ファイナンシャルプランナー1級と2級には受験資格も設けられているため、一定以上の実務経験が無い場合は、3級から順々に取得していくことになります。

ファイナンシャルプランナー1級、2級、3級の難易度と合格率を一覧表にまとめました。

ファイナンシャルプランナーの難易度、他
 1級2級 3級
難易度管理人主観やや難しい普通かんたん
他の資格との比較 簿記1級や宅建よりやや容易簿記2級と同じくらい 簿記3級よりやや容易
合格率(概算)学科 7〜12% 約20〜30%約70%
実技 80%前後 約30〜40%約50%
資格取得までの平均学習時間 独学で400〜500時間程度独学で200時間程度独学で〜100時間程度

ファイナンシャルプランナーの各級の難易度は、他の資格と比較すると、1級の難易度は「簿記1級と同じくらいで、宅建よりやや易しい」位。2級の難易度は「簿記2級」位。3級の難易度は「簿記3級」位と言われています。
ただ、難易度の感じ方は受験者によって差がありますので、これらの難易度は大体の目安と考えてください。

ファイナンシャルプランナー1級、2級、3級の受験者数、合格者数、合格率の詳細は「ファイナンシャルプランナーの合格率」を参照してください。

ファイナンシャルプランナーの難易度は勉強法次第

ファイナンシャルプランナーの難易度は等級によっても変わりますが、選択する勉強法によっても大きく変わります。

実際にファイナンシャルプランナーの技能検定を受けた方の体験談を見ると、「3級は独学で十分」「2級は独学でもいけるが、初心者は講座を受けたほうが確実」といった級ごとの傾向が見られます。
各級の難易度と効果的な勉強法は、「ファイナンシャルプランナー1級の勉強法・難易度」「ファイナンシャルプランナー2級の勉強法・難易度」「ファイナンシャルプランナー3級の勉強法・難易度」でそれぞれ解説しています。
事前に各級の難易度と自分の知識と経験のレベルを知り、条件に合った学習法で、要点を絞った効率的な勉強法を選べば、ファイナンシャルプランナー試験の難易度もぐっと下がって、合格に近づくことができます。

学習法には大きく「独学」と「講座学習」があります。それぞれのメリット・デメリットを良く把握し、自分の知識レベルと学習環境に合った方を選択しましょう。
自分に合った学習法を選ぶ際のポイントについて「ファイナンシャルプランナー 〜 独学と講座学習」で解説しています。続けてご一読ください。

Sponsored Link