ファイナンシャルプランナー1級の勉強法・難易度

ファイナンシャルプランナー1級の難易度と勉強法

【ファイナンシャルプランナー1級の難易度】
2級の難易度が並なのに比べ、ファイナンシャルプランナー1級難易度はかなり高くなり、実務経験が少ないと独学での合格は難しくなります。現役としての知識と経験豊富なファイナンシャルプランナー向けの資格です。
1級難易度の詳細については「ファイナンシャルプランナーの難易度〜鍵は正しい勉強法」を参照してください。

【ファイナンシャルプランナー1級の勉強法】
ファイナンシャルプランナー1級の難易度が高い要因は、出題範囲が広い上、試験内容に実務的なものが多く、教科書的な知識だけでは応用が効きにくいことがあります。
ファイナンシャルプランナー1級に対応のスクール講座も、2級や3級に比べ大分少なく、必然的に独学で合格する方が多くなります。

ファイナンシャルプランナー1級講座を探す場合は、「講座学習について〜自分に合った講座を選ぶポイント」の資料請求の項目にあるリンク先から対応講座があるかどうか確認してみてください。
独学と講座のメリット・デメリットについては「「独学」と「講座学習」の違いと特徴」で詳しく解説しています。

フィナンシャルプランナー1級は出題範囲が広く、かつ実務的な問題になるので、広く深く勉強する必要があります。確実に合格しようとすると半年〜1年の勉強期間が必要でしょう。難易度的に、 1発合格するのが難しいレベルです。
ファイナンシャルプランナー1級の基本的な学習方法は、2級、3級と一緒で、参考書、問題集、スクール講座などで必要な知識を習得し、理解を深め、その上で過去問題を繰り返し解くのが効果的です。
ポイントは、参考書、問題集を1冊だけではなく複数活用して、幅広い知識の習得に努めることです。
ファイナンシャルプランナー1級対応の参考書籍は2級、3級に比べて少ない為、CFP(ファイナンシャルプランナーの民間資格)のものも活用しましょう。試験範囲はほぼ同じです。

ファイナンシャルプランナー1級の試験問題は内容がパターン化されているので、過去題を数多く、繰り返し解いておくほど柔軟に対応でき、難易度を下げることができます。

学習におけるポイント (ファイナンシャルプランナー1、2、3級共通)

難易度の低い3級、難易度普通の2級、難易度高めの1級まで、共通するポイントを挙げます。

  1. 学習は「知識の習得」 → 「過去問題」の順序で
    参考書、問題集、講座等を利用して必要な知識を習得し、試験直前までは過去問を繰り返し解きます。
  2. 学習を始める前に綿密な学習計画を立てる
    「〜月〜日までに参考書と問題集を終わらせ、〜日から試験日までは過去問題に取り組む」というふうに具体的な学習計画を立てましょう。
    過去問題は「1日に〜回分解く」×「繰り返し回数」と必ず逆算し、日数に余裕を持ってとりかかります。
  3. 段階的に学習を進める
    参考書の第1章を読んだら、問題集で該当箇所の問題を解く、といったふうに段階的に進めると、より理解が深まります。
    参考書を最初から最後まで読んでから問題集にとりかかると、参考書の最初の方を忘れてしまい効率が悪いです。
  4. 過去問題は直近のものほど重要
    実際の試験は、過去問題の、特に直近のものから似たような問題が多く出題される傾向があるので、直近のものほど反復回数も多くします。
  5. 過去問題は実際の試験時間に合わせて解く
    あらゆる試験において、「ペース配分」は合否の鍵を握る重要項目です。
    一つの問題に時間をかけ過ぎると、後に簡単な問題があっても手が回らずに終わってしまいます。
    1問解くのにかける時間を決めておき、時間がかかりそうな問題は後回しにして、最後に時間が余ったら再度見直すのが試験の鉄則です。その時間配分の感覚を過去問題で養います。
  6. ファイナンシャルプランナー2〜3級は、基礎的内容が広く浅く(1級は広く深く)出題される傾向があります。過去問題には早い時期から、繰り返し取り組むと効果的です。
  7. ファイナンシャルプランナー試験は、実技試験よりも学科試験の方が難易度が高いです。実技試験は、特定の状況で学科試験の知識を正しく使えるかを問う問題である為で、実技試験の対策は殆ど必要ありません。

ファイナンシャルプランナー1級の難易度・勉強法 まとめ

ファイナンシャルプランナー1級は難易度が高い難関試験です。
2級、3級は参考書や講座だけでも何とかなる難易度でしたが、1級はファイナンシャルプランナーとしての豊富な知識と実務経験が必要とされます。
1級資格を必要とする人は、必然的に経験の長い現役ファイナンシャルプランナーが多いでしょう。
1級の試験内容が実務的であることから、1級対応の講座は少なく、独学で受験するケースが多いです。これも難易度が高い理由です。
基本的な勉強法は2、3級と変わりませんが、複数の参考書籍で「広く深く」知識を習得し、過去問を繰り返し解きましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link