ファイナンシャルプランナー3級の勉強法・難易度

ファイナンシャルプランナー3級の難易度と勉強法

【ファイナンシャルプランナー3級の難易度】
ファイナンシャルプランナー3級難易度は、合格率が60%前後と、他の資格と比べても低い水準にあります。難易度の詳細については「ファイナンシャルプランナーの難易度〜鍵は正しい勉強法」を参照してください。

【ファイナンシャルプランナー3級の勉強法】
ファイナンシャルプランナー3級は、基本的に独学のみで十分との意見が大半です。
3級の難易度なら、合格するだけなら過去2〜3年分の過去問を3〜4回繰り返すだけで十分でしょう。
ただ、過去問題だけでは、「こういう問題にはこの回答を選べば良い」といったふうに、問題の理解よりも、暗記中心になる恐れもあります。
基礎を含め、一から学習される方の場合は、市販の3級用参考書や、問題・回答の解説も載っている3級問題集などで理解を深めることが大切です。3級は難易度が低いからと基礎をおこたると、2級以降で苦労します。
基礎固めは学習の基本なので、難易度の低い3級といえどもおろそかにはしないことです。

知識・経験がなく、独学の経験も少なく一人では自信が無い方は、3級向け講座等を利用すると3級の難易度も下がります。
3級向けの講座を利用したい場合は、スクールのホームページや資料請求で講座内容を調べましょう。3級向け講座については「「独学」と「講座学習」の違いと特徴」や「自分に合った講座を選ぶポイント」を参照してください。

学習におけるポイント (ファイナンシャルプランナー1、2、3級共通)

難易度の低い3級、難易度普通の2級、難易度高めの1級まで、共通するポイントを挙げます。

  1. 学習は「知識の習得」 → 「過去問題」の順序で
    参考書、問題集、講座等を利用して必要な知識を習得し、試験直前までは過去問を繰り返し解きます。
  2. 学習を始める前に綿密な学習計画を立てる
    「〜月〜日までに参考書と問題集を終わらせ、〜日から試験日までは過去問題に取り組む」というふうに具体的な学習計画を立てましょう。
    過去問題は「1日に〜回分解く」×「繰り返し回数」と必ず逆算し、日数に余裕を持ってとりかかります。
  3. 段階的に学習を進める
    参考書の第1章を読んだら、問題集で該当箇所の問題を解く、といったふうに段階的に進めると、より理解が深まります。
    参考書を最初から最後まで読んでから問題集にとりかかると、参考書の最初の方を忘れてしまい効率が悪いです。
  4. 過去問題は直近のものほど重要
    実際の試験は、過去問題の、特に直近のものから似たような問題が多く出題される傾向があるので、直近のものほど反復回数も多くします。
  5. 過去問題は実際の試験時間に合わせて解く
    あらゆる試験において、「ペース配分」は合否の鍵を握る重要項目です。
    一つの問題に時間をかけ過ぎると、後に簡単な問題があっても手が回らずに終わってしまいます。
    1問解くのにかける時間を決めておき、時間がかかりそうな問題は後回しにして、最後に時間が余ったら再度見直すのが試験の鉄則です。その時間配分の感覚を過去問題で養います。
  6. ファイナンシャルプランナー2〜3級は、基礎的内容が広く浅く(1級は広く深く)出題される傾向があります。過去問題には早い時期から、繰り返し取り組むと効果的です。
  7. ファイナンシャルプランナー試験は、実技試験よりも学科試験の方が難易度が高いです。実技試験は、特定の状況で学科試験の知識を正しく使えるかを問う問題である為で、実技試験の対策は殆ど必要ありません。

ファイナンシャルプランナー3級の難易度・学習法 まとめ

ファイナンシャルプランナー3級の難易度は低めで、現役ファイナンシャルプランナーの方なら独学で十分でしょう。
知識や経験が無い初心者の方は、3級の難易度云々に関わらず自分に合った学習法を選びましょう。試しに3級の問題を見てみて、自分には難易度が高めだと思えば3級向け講座を利用し、難易度は低そうだと思えたら独学にしましょう。
学習法は、基礎知識があれば過去問を繰り返し解くだけで十分です。初心者なら3級の参考書で基礎知識を習得してから過去問を解きます。
難易度は低くても3級の内容はファイナンシャルプランナーの基礎になるので、しっかり基本から理解することが重要です。

Sponsored Link

Sponsored Link